ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

機能を全て盛り込んだのになぜ売れない?中の人が明かすノートPCのデザインと使いやすさの関係

   

IT速報 http://ift.tt/2gPR3aI

日本HPでPCの製品企画を担当している白木智幸が、ノートPCに求められる機能のバランスについてご紹介します。

今回は、製品を設計するコンセプトという、ものづくりの柱ともいえる部分に過去の事例を交えて迫ってみようと思います。ところで、皆さんはノートPCの機能をてんこ盛りにすれば「売れる」商品になると思いますか? 答えは「No」です。ユーザーとしては多機能なほうが便利と思うはずなので不思議に思うでしょう。

(中略)

さて、一例として挙げたエアコンの関係はノートPCにも当てはまるのでしょうか。例えばモバイルノートPCの企画をするとして、ユーザーの要望を聞いてみると次のようなものがよく挙げられます。
 
「外部機器をたくさんつなぐのでUSBポートを4つ、映像出力にはHDMIポートを1つ、まれに必要となるVGAポート(ミニD-Sub15ピン)、LANポート、DVDドライブも必要、デジカメの写真を取り込むためにSDカードスロットも。数字の入力用にテンキーも欲しい」
 
――これらを満たせば確かに便利なノートPCが完成します。しかし、持ち運びしやすさという観点では商品としての価値が下がる可能性があります。これだけ多くの機能を盛り込むと重く、厚さも分厚くなってしまうためです。
 
実際に、私の会社でも法人利用での利便性を追求し、複数のUSBポート、VGAポート、LANポート、DVDドライブ、SDカードスロットなど必要なポートを盛り込み、さらにメンテナンス性能や耐久性を備えて、その代わりに重厚感のある製品が存在していました。
 
当然「全ての要求を満たしました!」と自信をもってご案内するわけですが、残念ながらお客さまからは「重い」「武骨だ」「持ち運びにくい」という声が寄せられてしまいます。なぜでしょうか。

ユーザーはさまざまな快適性を求めてはいますが、最も重要なポイントは薄くて軽く、モバイル利用で快適に使えるノートPCであることです。快適性はこの前提が満たせなければニーズに合致しません。

また「薄さ・軽さ」と「機能の盛り込み」は相反する関係になるので、本当に必要な機能に絞り込んでいく「断捨離」(だんしゃり)が必要になります。では、どんな機能に絞り込んでいけば良いのでしょうか。
(続きはサイトで)
http://ift.tt/2gE34SY

続きを読む

 - 未分類 ,

×