ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

東大などが開発した国産の囲碁AI、趙治勲名誉名人に負け越し

   

IT速報 http://ift.tt/2fQLf21
24

囲碁プロ棋士の趙治勲名誉名人(60)とコンピューターソフト「DeepZenGo」の3番勝負、第2回囲碁電王戦の第3局は23日、東京都千代田区の日本棋院で打たれ、趙名誉名人が167手で黒番中押し勝ちし、2勝1敗で勝ち越し、勝利した。

日本製ソフトのDeepZenGoは世界トップレベルを目指し、「ディープラーニング(深層学習)」という人工知能(AI)の技術を使用。

プログラマーや東大のAI研究者らが3月から短期間で開発した。3番勝負では第2局で初勝利を挙げ互角に戦ったが、勝ち越しはならなかった。
http://ift.tt/2fom17h

続きを読む

 - 未分類 ,

×