ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

「創設者のジミー・ウェールズからのお願い」でおなじみWikipedia 収入88億円に対しサーバー代は2億円だと判明wwwwww

   

ガジェットライフ速報 -ガジェット・スマホ・PCまとめ- http://ift.tt/2g4S1Oy
wikipedia.jpg

1: ガジェット名無しさん 2016/11/19(土) 18:04:20.56 ID:W90M+zEH0 BE:875259835-PLT(15000) ポイント特典

インターネットで調べ物をするとき、必ずといっていいほどお世話になる百科事典サービス「Wikipedia」。
無料で使えて、広告も一切入らないこのサービスは寄付金によって支えられている。

 Wikipediaを使っていると、「創設者のジミー・ウェールズからのお願い」という広告が画面に広がって、寄付金をお願いされたことがある利用者も多いことだろう。
ちなみに、一度寄付をするとその後、毎年、メールで今年も寄付金をしてくれとお願いが届くことになる。

 ネット上でコラ画像が作られたりするほど創業者自らが必死に寄付金を懇願してくるWikipediaの運営団体はさぞ財政基盤が厳しいのだと思いきや、意外とそうでもないようだ。ジミー・ウェールズが率いるWikimedia財団は、監査法人KPMGから監査を受けた上で、毎年の財務状況を公開している。これを読み解いてみよう。

 まず収入を見てみると、一貫して増収していることがわかる。’12−13年には4500万ドル程度だったのが、’15−16年には8000万ドル近くと、ほぼ倍増している。収入の9割を占めるのはユーザーからの寄付金だ。

 一方の支出の総額は5000万ドル程度と収入よりはるかに小さい。その中で一番多いものはWikimedia財団の職員に支払われる給料、賃金であり、’15−16年で3000万ドル以上に上る。職員は300人足らずなので、平均すれば少なくとも1人あたり10万ドルの報酬を得ていることになる。これはなかなかの高給である。

 サービスの初期においては、サーバー代を支払えないために積極的に寄付金を募っていたWikimedia財団だが、インターネットホスティングの費用として計上しているのは現在では200万ドル程度で、人件費の10分の1以下にすぎない。

 こうした収支状況で運営している結果、総資産は1億ドルに迫る勢いとなっている。
負債はほとんどなく、実質的に無借金経営が続けられていると言える。

 Wikipediaのユーザー数は’00年代中盤から終盤にかけて伸びて以降、ほぼ横ばいを続けている。
これから急激にサーバーを増やす必要などは出てきそうにない一方で、
収入増が続いているので財務基盤はますます磐石となっていくだろう。
http://ift.tt/2feiICQ

6: ガジェット名無しさん 2016/11/19(土) 18:08:44.60 ID:uacByEjX0

とんだ悪党だな
10: ガジェット名無しさん 2016/11/19(土) 18:10:31.38 ID:WXPyq6GY0

儲けるのはいいけど非営利団体みたいなフリをするのは止めろ
11: ガジェット名無しさん 2016/11/19(土) 18:10:54.54 ID:7gEqJiy70

人件費や光熱費やろ
15: ガジェット名無しさん 2016/11/19(土) 18:12:26.66 ID:C/9qgBHI0

サーバー代安すぎだろと思ったら、ほとんどが文字テキストだもんなあ

引用元: http://ift.tt/2g4X5lX

 - 未分類 ,

×