ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

将棋やチェスが人の頭を良くする理由とは

   

IT速報 http://ift.tt/2fr6nJ8

一般的にチェスを習うと賢くなると言われている。なぜなのだろうか。

世界中のチェスクラブやチェス連盟は学校、特に小学校の授業にチェスを取り入れるよう勧めている。アルメニアでは、全ての小学2―4年生がチェスの授業を受けている。

米国では「タイガー・ペアレント(教育熱心な親)」たちは、チェスのレッスンを音楽やコンピューターのクラスと同等に見ていることが多い。良い成績を取って一流大学に入るという目標に向け、自分の子を有利にする方法の1つだと考えているのだ。

チェスは長年、知性と関連づけられており、チェスのグランドマスター(最高位の称号を持つ選手)たちは驚異的な精神力を持つ。現世界チャンピオンのマグヌス・カールセン氏は、ニューヨークで現在行われている世界選手権大会で挑戦者のセルゲイ・カヤキン氏と対局中だが、子供の頃、桁外れの記憶力を持っていたと伝えられている。最近ニュージャージー州で行われたエキシビション・マッチでは、11人と同時に対局し、20分足らずで全員を打ち負かした。

では、チェスプレーヤーは賢いのだろうか。これまでに幾つかの研究チームが、さまざまな認知力を測るテストを実施してそれを突き止めようと試みてきた。心理学者のギレルモ・キャンピテリ、フェルナンド・ゴベットの両氏は2011年、学術誌「カレント・ディレクションズ・イン・サイコロジカル・サイエンス」掲載論文で、これらの研究結果を分析し、チェスプレーヤーの知能テストの点数が、チェスをしない人のそれより高かったことを突き止めた。

中略

最も重要なことは恐らく、チェスが人生に対してより知的なアプローチを取るようプレーヤーに促す点だろう。このゲームには何世紀もの歴史が潜んでおり、複雑な論理構造が関わっている。そして、やってみると面白くて引き込まれてしまう。子供たちは、チェスを始めると、没頭して学ぶことが好きになり、その効果は他の方面でも表れる可能性もある。たとえ、彼らが世界チャンピオンのカールセン氏の驚異的な力に及ぶことが決してないとしても、だ。
http://ift.tt/2eQL9s4

続きを読む

 - 未分類 ,

×