ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

Amazonが現代自動車との提携を発表

   

IT速報 http://ift.tt/2g20Hp1

AmazonはAIアシスタント「Alexa」において、現代自動車との提携を発表した。

(前略)
一方、今回のプレスコンフェレンスでは驚きもあった。フォードは今年1月のCESでアマゾン 「アレクサ」との提携を発表。IoTの分野でアレクサとフォードの車内搭載型マルチコミュニケーションシステムSYNCを連動させることにより、車と家とのスムーズな連携を目指す、と宣言した。

ところが、今回アレクサとの「完全なる提携」を発表したのは韓国現代自動車なのである。

現代はブルー・リンクと名付けたシステムによりアレクサ、音声認識デバイスのエコーと車を連携。音声コマンドにより家の中から車のエンジンをかけ空調温度を設定する、あるいは車から帰宅前に家の電気をつけ空調を設定、などのシステムを紹介した。

現代アメリカのデジタル・ビジネス・プランニング及びコネクテッド・オペレーション部門のバリー・ラツラフ氏は「アマゾンエコーやアップルウォッチのようなスマートデバイスをブルー・リンクによって車と連動させることにより、もっと車と相互関係を持ちたいという顧客の要望に答えることができる」と語る。

アマゾンと連携するのは現代IONIQというEVだが、音声により「EVへのチャージを始めたり停止したりできる」「ドアロック、解除ができる」「車のクラクションを鳴らす、ライトをつける」などが可能となる。

しかし、これらは1月の時点で既にフォードとの連携で「可能となる」とされていたもので、目新しくはない。なぜ今アマゾンと現代なのか。記者はアマゾンの代表者に「フォードとの連携は破棄されたのか」と質問したが、明確な答えは得られなかった。
http://ift.tt/2g1uMXi

続きを読む

 - 未分類 ,

×