ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

Pascal世代最上位の「Quadro P6000」が発売。価格は72万円、4K4画面出力に対応

   

IT速報 http://ift.tt/2fEZAw0

最新のPascalアーキテクチャを採用した最上位モデル「Quadro P6000(EQP6000-24GER)」が登場した。

販売代理店はELSAで、店頭価格は税込718,200円。ツクモパソコン本店IIでは在庫販売が始まっている。

Quadro P6000は、NVIDIAが7月に発表したPascal世代のワークステーション向けGPU。先日発売された「Quadro P5000」の上位モデルとなる。CUDAコア数が3,840基、GDDR5Xメモリ24GB(384bit)搭載、単精度浮動小数点演算12TFLOPSというスペックはGeForce GTX 1080はもとよりTITAN Xも上回るもので、Pascal世代としては現時点で最上位モデルとなっている。

接続インターフェースはPCI Express 3.0 x16で、映像端子はDisplayPort 1.4×4、DVI-D×1を装備。最大消費電力は250Wで、補助電源コネクタは8ピン×1。Quadro P5000と同じく30bitカラー出力をサポートしており、最大8枚のQuadroを同期させて32画面同時出力を可能にするオプションボード「NVIDIA Quadro Sync2」(別売り)にも対応する。

カードサイズは267×111×37mmで、2スロットを占有する。
http://ift.tt/2fWbXXH

続きを読む

 - 未分類 ,

×