ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

IAB、IPv4アドレスの枯渇を発表

   

IT速報 http://blog.livedoor.jp/itsoku/archives/49972425.html

IAB(Internet Architecture Board)は米国時間11月7日、残っていたすべてのIPv4アドレスプールが割り振られたと宣言した。

IABは声明の中で、「この結果、(IPv4とIPv6の両方をサポートする)デュアルスタック環境とIPv6のみの環境の増加傾向は、今後ますます強まっていくだろう。このため、今後通信プロトコル標準は、IPv6を全面的にサポートする必要がある」と述べている。

IABは、今後通信プロトコルのIPv6への依存が高まることから、IPv6の使用を前提に既存の標準を見直し、標準の説明でIPv6を使用した例を提供すべきだとしている。

また、「IABは、IETF(Internet Engineering Task Force)が今後、新たなプロトコルや拡張プロトコルにIPv4への対応を義務づけることをやめると期待している」とし、同時に「デュアルスタックや移行技術を用いたIPv4に対する後方互換性の提供は今後も当面必要とされる」とも述べている。

GoogleのIPv6に関する統計ページによれば、世界的なIPv6の普及率は、ユーザーベースで14.6%に止まっている。これに対し、米国ではIPv6の普及率は30%弱に達している。英国では16%、ドイツでは27%となっている。アジア太平洋地域では普及が進んでいる日本で14%となっている。

また2016年5月には、AppleがiOSアプリのIPv6対応を義務化すると発表している。
http://japan.zdnet.com/article/35091954/

続きを読む

 - 未分類 ,

×