ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

1TBのSSDがついに3万円に。買える価格到来でいよいよ普及期に

   

IT速報 http://ift.tt/2fuSyeb
23

近年著しい発展を遂げているSSD。いよいよテラバイトSSDすらも「買える」価格になってきたという。

転送速度はHDDを圧倒するSSDだが、容量単価の高さがネックになり、これまで「完全にHDDを代替する」までには至らなかった。しかし、NANDフラッシュの大容量化とそれに伴う容量単価の下落で、ついに1TB=3万円割れが一般化、いよいよ普及期になってきた。

しかも、無名メーカーの製品だけで無く、例えばCrucialのような有力メーカーの製品であってもだ。

「テラバイトSSD」時代は何が変わるのか?
SSDのデータ転送速度は以前よりHDDを圧倒していた。SSDの高いパフォーマンスは、OSやアプリケーションをインストールするシステム用ストレージに適しており、
「システム用に小容量のSSD」「データ用にHDD」をそれぞれ搭載するというのが近年のトレンドだった。

これは、容量単価の高いSSDの欠点を容量単価の安いHDDで補うという理にかなった構成だが、テラバイト級の容量を持つ安価なSSDの登場は、この「SSD+HDD」という構成を過去のものにする可能性がある。

●高画素のデジタル一眼カメラで撮影したRAWファイルの保管
●動画編集時の素材置き場
●大容量ゲームのインストール先

(続きはサイトで)
http://ift.tt/2fJ8c94

続きを読む

 - 未分類 ,

×