ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

プロ向けの新型MacBook Proでメモリが16GBの理由は「それ以上はバッテリー持ちに悪影響を与える」とアップル幹部が説明

   

IT速報 http://ift.tt/2fMKRTf

新型MacBook Proは最大でも16GBまでしかメモリー搭載のオプションがなく、32GBが選べません。

この方針につき、アップル幹部のフィル・シラーは「16GB以上のメモリーは消費電力が多く、ノート型ではバッテリーの持ち時間に悪影響を与えるから」との見解を示したことが、アップル系情報サイトMacRumorsにより伝えられています。

MacBook Proといえば仕事に使うプロ志向で、重い動画編集などに使われることが多く、メモリーは多ければ多いほど動作が快適になるもの。ところが、新型MacBook Proのメモリーは最大でも16GBどまり。このことにつきメールで質問したユーザーに対して、フィル・シラーと以下のやり取りがあったと伝えられています。

(BTOで32GBオプションがないことにつき、ユーザー(私も含めて)は眉をひそめています、3GBbpsの(速い)帯域のあるSSDが影響しているのでしょうか? 16GBシステムでも、32GBにする必要が無いほど速いのでしょうか)

(ありがとう、良い質問です。現時点ではノート型に16GB以上のメモリを搭載すると、より多くの消費電力が必要なシステムとなって、ノートPCには向いてないんです。ぜひ新世代のMacBook Proを手に取ってください、本当に素晴らしいシステムですよ)。

「現時点では」ということは、将来的には変更されるふくみを持たせる言葉です。
(以下略)
http://ift.tt/2fi8vEv

続きを読む

 - 未分類 ,

×