ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

「Adobe Sensei」爆誕。由来は先生

   

IT速報 http://ift.tt/2fi6WbC

アドビシステムズ(Adobe)は、「Adobe MAX 2016」においてAdobe Senseiを発表した。日本語の「先生」が由来だという。

Adobe Senseiは、Adobeの各製品に搭載され、マシンラーニングやディープラーニングを活用したAIに加え、「Adobe Creative Cloud」「Adobe Document Cloud」「Adobe Marketing Cloud」のコアとなるインテリジェントサービス群を内包するAIプラットフォームだ。

また、これまで「Adobe Magic」として紹介された数々の革新的な画像処理、映像処理などのフィーチャーにAdobe Senseiが大きく関わっており、Senseiが関連するインテリジェントサービスも数十がすでに提供されている。

Senseiと言うと日本語の「先生」を連想する読者もいると思うが、その名の通り“先生”が名前の由来になっている。

アドビ システムズのマーラ・シャーマ氏(Creative Cloudプロダクトマーケティング&コミュニティ担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー)は、「数多くのディベートを重ねた結果」とした上で、「先生とは日本語でマスター、先生という意味であり、恩師、学ぶ人、教育を受ける場所という形も言葉に含まれる。Adobe Senseiでは、マシンラーニングのプラットフォームという場を作る場でもあるが、ただ学ぶだけでなく、学んだことをいかにユーザーに提供するかも重要な要素。 “Sensei”という名前は、私達がやろうとしていることを具体化している」と説明する。
http://ift.tt/2fmIQsC

続きを読む

 - 未分類 ,

×