ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

【悲報】PSVR、酷評される「創造性に乏しく、ポケモンGOより格段につまらない」

   

IT速報 http://ift.tt/2dYIGLO
46

東洋経済に掲載された、PSVRの酷評記事が話題。PSVRは創造性に乏しく、ポケモンGOと比べ「格段につまらない」という。

(前略)
プレステVRもそれなりの面白さはある。だが、比較するのは、ソニーとしては嫌かもしれないが、「ポケモンGO」のように、いままでに全く存在しなかったゲームの面白さではない。

率直に言うなら、昔の業務用VRを非常に進化させ(CPUの演算機能も昔よりも飛躍的に速くなっているので)、家庭用ゲームに関連づけただけである。今までに存在しなかったものではない。

プレステVRの税抜き価格は4万4980円。税込み価格は4万8578円だから、ほぼ5万円である。しかも、PlayStation 4(以下PS4)とつなげる必要があるため、プレステVRを楽しむには、PS4を買わなければならない。その価格は、最近価格改定があり安くなったものの、税抜きで2万9980円(税込みで3万2378円)だ。

合計で8万円を超す娯楽電気機器を買う金銭的余裕のある人々は、そうは多くはないと思われる。

任天堂の「ポケモンGO」はオリジナリティがある。すなわち、携帯電話のGPS機能をフルに活用し、それとARを組み合わせることにより、それまで存在しなかった「斬新な面白さ」を実現することを可能にし、世界の人々を魅了した。

では、プレステVRにオリジナリティはあるか?答えは残念ながら、「No」である。期待が大きいだけに、どうしても厳しい言葉になってしまうが、筆者の感覚からすれば、昔からあったVR技術を現時点で可能な限り進化させ、家庭用ゲームに採用しただけのことである。ソニーお得意の「高精細で映画的なゲーム」への没入感を高めるために、採用したのがVRの技術であったということだけのような気がする。

技術をゲームに活用するのは良い。しかしながら、それによって、ゲームの面白さを異次元に増幅させることができなければ意味がない。そのように増幅させることによって、より多くの人々を魅了することができるのである。

今のソニーの課題は、オリジナリティ、ひとひねりした工夫、クリエイティビティである。
http://ift.tt/2eP8etL

続きを読む

 - 未分類 ,

×