ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

元ソニー会長の出井伸之氏「日本は古い企業がずっとトップに居座る」

   

IT速報 http://ift.tt/2fyvvSe

クオンタムリープ 出井伸之代表が「ベンチャーで重要なのはCFO」と説いた。

ソニーの社長・会長を歴任した出井代表は冒頭、facebook、amazon、Google、ebay といったスタートアップ企業の時価総額合計額176兆円と、トヨタ、NTTドコモ、NTT、JT、KDDI、三菱UFJ-FG、ソフトバンク、日本郵政など国内大手企業の時価総額合計額88兆円を表示し、

「時価総額上位に入る日本の企業は古い会社ばかり。新しい会社だけで米国企業を選んだだけで、100兆円を超えるというのに」と伝えた。

「企業は、既存パラダイムでの利益と、次のパラダイムの創造の、連立方程式。でもほとんどの会社は、既存構造のなかで延命だけを考えている。そこには大転換が要る。日本は、高税金で低収入な役員しかない。大企業がエンジェルとなって、ベンチャーを助けていかないと」

出井代表は、既存構造下での考えを「XYZ戦略」、新しいパラダイムによる成長を「ABC戦略」とし、「XYZ戦略をやってる人に、ABC戦略をやれっていうのは無理。日本はどっちかっていうと、XYZ戦略ばかり。これじゃ木を植えても育たないABC戦略に出ないと、古い企業がずっとトップに居座るだけ」と伝えた。
(以下略)
http://ift.tt/2f3tOsA

続きを読む

 - 未分類 ,

×