ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

折り曲げる有機EL向けの新型フィルムにアップルも関心?

   

IT速報 http://ift.tt/2dYTDbb

アサヒ電子研究所(大阪市中央区、和倉慎治社長)は、ガラスに近い防湿性能を持つガスバリアフィルムを開発した。

試作用の製造装置も開発した。ガラスの代わりに折り曲げ可能なフィルムを基板に使う有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)ディスプレーの劣化を防ぐ新材料として、パネルメーカーなどに提案する。

同フィルムは中山弘大阪市立大学教授と共同で開発した。中山教授が設計・開発したフィルム試作用のバッチ式製造装置は試作品の製造などで協力するフィルムメーカーの麗光(京都市右京区)に、このほど納入した。有機ELパネルの量産ライン内で連続成膜する装置の製造も可能としている。

フィルム基板を使う折り曲げ可能な有機ELパネル(フォルダブルOLED)は、米アップルが開発中の次世代スマートフォンに採用するとの観測がある。

フィルム基板を使う折り曲げ可能な有機ELパネルの実用化には有機材料の劣化対策が必要で、ガラスと同等の防湿性能を持つバリアフィルムの開発が求められている。
http://ift.tt/2eZKjWG

続きを読む

 - 未分類 ,

×