ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

ニンテンドースイッチ、成否のカギは「発売2週間で50万台」

   

IT速報 http://ift.tt/2eD1JKZ

来年3月の発売予定を心待ちにしていた任天堂ファンやコアなゲームユーザーにとっては、一層期待が持てる発表になるものと思われていたのだが、株式市場の評価は冷めたものだった。

市場関係者の間からは、

〈これまでにないまったく新しいコンセプトのゲーム機と宣伝されていた割には、公開映像を見る限り、ゲーム業界の流行りであるVR(仮想現実)機能に対応しているかどうかも不明で、さほど驚きはなかった〉

〈ハード機の本体価格やゲームソフトの目玉タイトルが発表されなかったので、ゲーム専用機としてどこまで人気が出るかは不透明〉

といった悲観的な声が相次いだ。エース経済研究所アナリストの安田秀樹氏は、こんな指摘をする。

「発売日がゲーム業界でもっとも繁忙期といわれる今年のクリスマス・年末商戦に間に合わなかったということもあり、当面は任天堂の主要顧客である子供やファミリー層よりも、保守的なゲームマニアに集中して売りたい思惑があるのでしょう。

そのため、紹介映像では従来のゲーム専用機の延長線上であることを強調しつつ、外出先でもモニターから切り離し可能なコントローラーで、本格的にゲームが楽しめる仕様や操作性をアピールしたのだと思います」

「過去に販売したゲーム機の傾向をみていると、国内発売から2週間で50万台以上売るスタートダッシュがかけられない機種は、その後の浮上も見込めずハード機ビジネスとしては失敗に終わっています。まずはスイッチも50万台の壁が破れるかどうかが成否のカギとなるでしょう。
以下全文
http://ift.tt/2f233IN

続きを読む

 - 未分類 ,

×