ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

【悲報】パソナさん、フィリピン人に目をつける

   

IT速報 http://ift.tt/2eHktqb

パソナ(東京都千代田区、佐藤司社長)は、ハウスキーピングサービス「クラシニティ」を7月から神奈川で本格的に開始した。

来年1月を目途にフィリピンより、ハウスキーパーを受け入れ、初年度25~30人の就労を目指す。外国人による家事代行サービスは、2015年7月の国家戦略特区法成立で可能となった。女性の社会進出を促進するための方策として期待されている。

今回パソナは、フィリピンの「マグサイサイグローバル・サービス」と業務提携し、日本でハウスキーパーとして働きたいフィリピン国籍の人に、まずフィリピンで約2カ月間「日本語」「家事代行」「異文化・ホスピタリティ」などの教育研修を実施、スタッフ来日後は約1カ月の間、オリエンテーション研修やOJTによってサポートする。住居や生活のサポートも行う。また日本での3年間の滞在期間終了後は、母国での帰国就労支援を行う予定であり、国境を越えたハウスキーパー人材のキャリア形成までを担っていく。

サービス利用料金は1回2時間5000円より。家全体の掃除や洗濯、買物、食事の準備、アイロンがけなどが可能だ。「現在サービスは永住権を持つ方々で先行実施しています。損害賠償制度はもちろんのこと、担当コーディネーターが細部の説明をした後にサービスを実施するので、安心してご活用いただいております」(同社広報)という。同制度には大阪府についで東京都も名乗りを上げた。

同社では東京での展開についても「神奈川での実績を見つつ、初年度20~30人程度の稼働を考えている」(同社広報)という。
http://ift.tt/2e0FHhW

続きを読む

 - 未分類 ,

×