ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

【悲報】メルカリに存在する暗黙のルールがめんどくせー

   

IT速報 http://ift.tt/1Yjg5PN

フリマアプリ「メルカリ」には暗黙のルールが多数存在するという。

メルカリ世界を探検していると、ユーザーたちの間に「暗黙のルール」がたくさん存在することが分かってきました。これは公式に定められているものではなく、ユーザーが独自に作り出したもののようです。

その1:「即購入禁止!」
欲しいものを見つけたら、誰かに買われてしまわないよう、すぐにボタンをタップしたくなります。しかし、それを許さないユーザー達が多数存在するのです。

そんなユーザーのプロフィール欄には、必ず「即購入禁止!」と書いてあります。その記載を見つけたら、まずは出品ページのコメント欄で「購入宣言」をしなくてはなりません。コメント欄で「買いたいです!」と伝え、出品者から買ってもいいという許しを得られた場合のみ、お金を払うことができるのです。

その2:「パスワードを入れてください!」
先ほどの「即購入禁止!」のように、メルカリでは出品者のプロフィール欄に各々が自分ルールを記載しています。ネットショップでいう「利用規約」のようなものです。

絶対プロフィールを読んでほしい! そんな思いから生まれた文化が、「パスワード」です。プロフィールを無視して購入手続きされないよう、多くの出品者がユーザー名の後に「プロフ読んでください!」と記載しています。そしてその通りプロフィールを読むと、最後に「プロフィールを最後まで読んだ証拠として、コメント欄に“1111”と書いてください! 」と、書いてあるのです。

その3:「専用お作りします!」
コメント欄で出品者から「専用お作りします!」と言われる場合があります。専用? 作る? 一体なんのこと?

これはメルカリ世界独特の言い回しで、正確に言うと「わたしはあなたに販売することを決めましたので、この商品はあなたしか買ってはいけないことにします。 そのため、この出品ページをあなただけの専用として、周囲の人にも分かるように示します」という意味になります。

要するに、購入宣言をした人以外には購入されないように、出品ページのタイトルを「○○様(購入者)専用」に変更するということです。それによって、「この人に売るから他の人は買っちゃダメ!」と示しているのですね。
http://ift.tt/1UI3Auj

続きを読む

 - 未分類 ,

×