ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

大阪府の予価9億円のシステム構築案件、15万円で落札される

   

IT速報 http://ift.tt/2ehUyGC

大阪府が2017年4月に稼働する予定の「自治体情報セキュリティクラウド」の構築などの業務について、ケイ・オプティコムが予定価格の9億1142万円を大幅に下回る15万円で落札した。

自治体の情報セキュリティに詳しい専門家は「長期にわたり契約を更新できれば、利益につながると踏んだのではないか」と指摘する。

ケイ・オプティコムの櫻間秀彦・公共営業グループマネージャーは「大阪府の各市町村ともパイプができる」と期待をかける。

自治体情報セキュリティクラウドは、原則として各市町村のインターネット接続ポイントを都道府県ごとに集約して、セキュリティ機能を共同利用するものだ

マイナンバー制度の本格運用を前に、自治体の情報セキュリティ強化策の柱として総務省が打ち出した。2015年6月に発覚した、日本年金機構でのサイバー攻撃による個人情報の大量漏洩がきっかけである。

総務省は2017年7月までに、情報セキュリティを強化するよう自治体に求めている。この時期にマイナンバー制度で国や自治体間の情報連携が始まる予定であり、マイナンバーを含む住民の情報を守るのが狙いだ。
(続きはサイトで)
http://ift.tt/2e6xk6j

続きを読む

 - 未分類 ,

×