ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

2020年、HDDは1台30TBに?データ復旧業者「3.5インチならば30TBくらいのHDDが実現できる可能性がある」

   

IT速報 http://ift.tt/2e0zkwR

10月8日、ベルサール秋葉原で開催された「NAS EXPO 2016 秋」で、くまなんピーシーネット代表の浦口康也氏が最新HDD、そしてSSDの構造を解説している。

ステージセッションを行なったのは、くまなんピーシーネット代表の浦口康也氏。

浦口氏は、去年も最新HDD技術とデータ復旧についてとても興味深いセッションを行なっており、今年も多くの来場者が詰めかけた。今年はHDDの基本構造や最新技術だけでなく、近年増加しているSSDなどのフラッシュメモリストレージについての解説も行った。
 
ちなみに、SSDはコントローラーが書き込みを分散するため、データ復旧がより困難、しかもコントローラーのアルゴリズム解析が必要になるため、作業に数ヶ月かかることもあるという。ただし、スマートフォンやタブレットで使われるeMMCタイプのフラッシュストレージは、コントローラーまで1チップに搭載されており、外部からインターフェースを使ってダイレクトに解析、データ復旧も比較的容易とのこと。

HDDについては、今後の大容量化の見通しも解説。2020年ごろにはビットパターンメディアなどが実用化される可能性があり、計算上、3.5インチならば30TBくらいのHDDが実現できる可能性があるという。
(以下略)
http://ift.tt/2e0zzIh

続きを読む

 - 未分類 ,

×