ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

ホリエモン「ワンピース的な仲間だから助けるというのは理解できない。その行為に陶酔してるだけでしょう」

   

IT速報 http://ift.tt/2dc9bI7
54

ホリエモンのコラムが話題。お金持ちのホリエモンには、日々「助け」を求める声がくるのだそう。しかし、「仲間だから助ける」というワンピース的な考えは嫌いだという。

10年以上前のことだ。中央競馬の馬主の繋がりで、工務店経営の男性と知り合いになった。彼が主宰する馬主クラブをつくりたいというので、協力したこともある。知り合いの仲はしばらく続いていたが、ライブドア事件の前後で、ぷっつり関係は途切れてしまった。それから音信不通が何年か続いた。

つい最近、急に彼の方から連絡があった。病気で仕事ができず、事業が傾いて苦しい、助けてくれという。でもよくよく話を聞いてみると、病気というより、彼自身のまずい経営が困窮の原因のようだった。そういうのは、スルーさせてもらう。単純に「面倒くせっ」と思うからだ。

また、数年前に仕事で若い舞台役者と知り合った。自分たちで劇団を立ち上げるので、最初の公演を私に支援してほしいという。資金面や運営など、いろいろと手伝ってあげた。でも公演は、約100万円の赤字が出てしまった。そのカネはいまだに回収できていない。

100万円ぐらいのカネをきちんと回収できないようじゃ、ビジネスとしてはダメだよね? と指摘したのだが、役者の彼はピンときてなかった。まあ、しょうがないか……と思っていたら。また次の公演をやりたいと、再び支援を頼んできた。

今回は、完全にスルーした。100万円を回収できない実力で公演を続けても、先はない。役者の彼が全体を仕切っている限り、次はきっと100万円以上の赤字が出る。そういうだらしないビジネスを手助けする温情は持っていない。

自分で工夫や努力をしなかったり、出すべき成果を出せていなかったりするヤツの「助けてください」は無視する。 たとえ昔の馴染みの人が相手でも同様だ。 顔見知りでも、切るときはあっさりと切らなければいけない。

羽振りのいいときは調子良くて、景気が悪いと途端にすがってくるようなヤツは大嫌いだ。もしくは、できないと決めつけて、何の工夫もしないヤツが大嫌いなのだ。

現実でも、『ワンピース』的な価値観を是とする人たちは、仲間だからという理由だけで、周りの足を引っ張ったり迷惑ばかりかけたりしているヤツを、助けようと奮闘する。助ける行為そのものに陶酔している気すらする。しかも、それが善であるように説く。
http://ift.tt/2dMQS26

続きを読む

 - 未分類 ,

×