ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

日本と似ているドイツが「SAP」を生み出せたのはなぜ?

   

IT速報 http://bit.ly/2WOpRwq
s 16
1:田杉山脈 ★ 2019/06/17(月) 20:06:59.70 ID:CAP_USER.net

パッケージソフトウエア製品やクラウドサービスをグローバルで展開する巨大ITベンダーといえば、そのほぼ全てが米国企業だ。グーグル(Google)やアマゾン・ウェブ・サービス(Amazon Web Services)、マイクロソフト(Microsoft)、オラクル(Oracle)……。当然、人月商売に明け暮れる日本の大手ITベンダーはグローバルどころか、国内でも存在感が薄くなる一方で、その差にもはやため息すら出ない。

だが、唯一の例外がある。言わずと知れたERP(統合基幹業務システム)最大手の欧州SAPだ。ドイツが生んだこの巨大ITベンダーは今のところ、オラクルやマイクロソフトなど米国のITベンダーの挑戦を退け、ERPで世界トップシェアを維持している。

実は、私にとってこのSAPは謎だった。なぜドイツで米国企業をしのぐ巨大ITベンダーが誕生したのか。だってそうだろう。「ドイツは日本と似ている」というイメージがある。ものづくりが得意な国であり、堅実で保守的。日本と同様、米国の西海岸、特にシリコンバレーとは対極の存在に思える…
続きはソース元で
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00148/061300064/

続きを読む

 - 未分類 ,

×