ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

東芝、急速充電が可能で長寿命の新型リチウムイオン電池を開発。小型EVの場合、6分の充電で320キロの走行が可能に

   

IT速報 https://ift.tt/2Ucpon6

東芝は26日、急速充電が可能で、長寿命の新型リチウムイオン電池を開発したと明らかにした。

小型の電気自動車(EV)の場合、6分の充電で従来に比べ約3倍の320キロを走行できるという。2020年代前半の量産を目指す。充放電を5000回繰り返しても、電池の容量を9割以上維持することを確認。長寿命化により中古EVの価値も大幅には低下しなくなり、担当者は「利便性と経済性を両立する電池だ」とアピールしている。

レアメタル(希少金属)の「ニオブ」を材料の一つとする酸化物を電池の負極に使い、高容量化を実現した。ニオブは、耐久性を高める目的で自動車鋼材の添加剤などに用いられている。新型電池の量産化に向け、ブラジルの鉱山会社や双日と負極材の共同開発を始めた。

東芝はスズキや三菱自動車に車載用電池を供給しているが…
続きはソース元で
https://www.sankeibiz.jp/business/news/190227/bsc1902270500002-n1.htm

続きを読む

 - 未分類 ,

×