ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

ソニー、最上位機種「Xperia 1」を発表。世界初の4K有機EL搭載の縦長スマホ。トリプルカメラで瞳AFも搭載

   

IT速報 https://ift.tt/2tDwCVr
 9

ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社は、MWC2019において「Xperia 1(エクスペリア ワン)」を発表した。正真正銘のフラッグシップモデルであり、世界初の4K有機ELディスプレイの搭載や、瞳AFの搭載など、プロフェッショナル仕様となっている。

<ディスプレイ>
世界初(*2)の4K有機ELディスプレイ(3840×1644ピクセル)を搭載。21:9アスペクト比や10bitカラー相当の高い階調表現を実現した高画質ディスプレイ技術により、新たなコンテンツ体験を実現するCinemaWide™(シネマワイド)を採用し、幅72mmの手に馴染むサイズながら約6.5インチの大画面を実現します。さらに臨場感を実現する立体音響技術「Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)」に対応し、映画などの対応コンテンツにおいて、ワイドな映像とともに没入感ある視聴体験を楽しめます。

<カメラ>
有効画素数約1200万画素のイメージセンサーを採用した三つのカメラを備え、焦点距離26mm(F1.6)/52mm(F2.4)/16mm(F2.4)(35mm換算)のレンズを自在に切り替えることができるトリプルレンズカメラを搭載。光学2倍ズームや背景ぼけ撮影、超広角撮影が可能です。

デュアルフォトダイオード搭載のイメージセンサーによる暗所でも高精度なフォーカスや、新開発の画像処理エンジン「BIONZ X™ for mobile」によって画像圧縮前にノイズ低減処理することにより、暗所撮影における画質が向上。

瞳を検出してオートフォーカスする「瞳AF」にスマートフォンとして世界で初めて(*2)対応。また、AF追従に加え、AE(自動露出)にも追従する10コマ/秒の高速連写を実現し、動く被写体でもフォーカスや明るさが合った連写撮影が可能です。

<ユーザビリティ/デザイン>
ソニー独自のUIを実装することで21:9のアスペクト比ならではの使いやすい二画面同時表示が可能で、動画視聴を楽しみながらSNSの閲覧やメッセージのやり取りを行えるなどの21:9マルチウィンドウ表示が簡単に行えます。また、ゲームをプレイしながら攻略法などの閲覧、パフォーマンスや通知の最適化などが可能な新機能「ゲームエンハンサー」も搭載し、広いディスプレイでのゲームをより快適に楽しめます。

Qualcomm社製の最新プラットフォームQualcomm® Snapdragon™ 855 Mobile Platformを採用。また、独自のアンテナ設計技術により4x4 MIMOに対応し通信の安定性を実現します。

 8
詳細はソース元で
https://www.sonymobile.co.jp/company/press/entry/2019/0225_1_mwc19.html

続きを読む

 - 未分類 ,

×