ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

世界競争力ランキング、米国が10年ぶりに1位。日本は5位

   

IT速報 https://ift.tt/2RWnuGv
日本

世界経済フォーラム(WEF)が17日発表した2018年版「世界競争力報告」を発表した。米国が10年ぶりに1位に返り咲いた。日本は5位だった。

競争力を示すゼロから100までのスコアで米国は85.6となり、「競争力の最先端」に最も近い国と評価された。日本は5位だった。米国の「活気ある」起業文化や「力強い」労働市場と金融システムが高い評価を受けた。

WEFは世界各国の政治家や経営者が集まる年次総会「ダボス会議」を主催する団体。各国の機関や政策など、生産性を高める要因を分析し、140カ国を対象に競争力の順位を発表している。

今回から評価方法を変更し、将来の競争力の引き上げにつながるアイデアの創造や起業文化などを考慮した。

9年連続で1位だったスイスは4位に転落した。ただ、WEFのマネージング・ディレクター、Saadia Zahidi氏は「従来の指数と新たな指数はりんごとオレンジのようなものだ」とコメントし、単純には比較できないとの見方を示した。

以下、競争力の順位

1 United States

2 Singapore

3 Germany

4 Switzerland

5 Japan

6 Netherlands

7 Hong Kong

8 United Kingdom

9 Sweden

10 Denmark
以下ソース
https://jp.reuters.com/article/usa-economy-competitiveness-idJPKCN1MR04F

続きを読む

 - 未分類 ,

×