ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

日本人の「英語コンプレックス」が深刻な件。英語は本当に必要なのか?

   

IT速報 http://ift.tt/1t1m7IQ

日本人は英語に対してコンプレックスを抱いており 「英語力」ついてたびたび議論となる。

「英語力」という言葉の存在も、日本人の英語に対する思いを物語っている。そして、「日本人は英語を学ぶ必要が本当にあるのか」という類の話題も日常的だ。過去をたどってみると、日本人は英語に対してコンプレックスを抱いており、「好き」という人も「嫌い」という人もいる。英語が好きな日本人を見ると、危機感が英語の習得を促している。

「英語力」はグローバル化を意味し、グローバル化は競争力の重要な一部分と見られている。英語で「おはようございます」と言い、英語で会議を行い、英語でメールを送る。

日本最大のネット通販会社・楽天は、「英語の公用語化」をスタートさせて約4年になる。日本で前例がなく、賛否両論を巻き起こしているこの試みについて、楽天の三木谷浩史社長は、「国民は良い教育を受けているにもかかわらず、英語を話せない。これは日本の重要な課題。言葉の落差を必ず乗り越えなければならない。日本は『言語鎖国』をやめなければならない」と強調する。

民間でも、「0歳からの英語教育」が人気になっており、子供にはスタート時点で他の人に負けてほしくないという、日本人の気持ちが浮かび上がる。

一方、英語が嫌いな日本人を見ると、その大半が英語を学ぶと民族の文化・情緒が失われるという危機感を抱いている。日本の民間では、「英語やその背後にある西洋文化帝国主義が、日本語や日本の文化を衰退させる」と懸念する声が常に上がってきた。
http://ift.tt/257CmCj

続きを読む

 - 未分類 ,

×