ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

NEC、日本伝統の「漆ブラック」再現したバイオプラスチックを開発に成功。家電や建材、自動車の内装への適用が可能に

   

IT速報 http://ift.tt/2b8WAoO

NECが伝統工芸の漆黒(漆ブラック)を実現したバイオプラスチックを開発したと発表した。

NECは8月17日、京都工芸繊維大学、漆芸家の下出祐太郎氏(下出蒔絵司所三代目・京都産業大学教授)と共同で、伝統工芸の漆器が持つ独特の漆黒(漆ブラック)を実現したバイオプラスチックを開発したと発表した。

大気中のCO2を吸収する植物を原料に使うことで、資源循環に寄与できると考えられているバイオプラスチックだが、電子機器や自動車など耐久製品に用いるには環境優位性以外に特長が無く、コストに見合うメリットを生み出せていなかった。また、非食用植物原料への切り替えも課題となっていた。

NECらが今回開発したバイオプラスチックは、ワラや木などの非食用植物を原料としたセルロース樹脂を使用。古くから海外から高く評価されてきた日本伝統の漆ブラックをバイオプラスチックで再現し、装飾性を高めることでより付加価値の高い製品への適用を目指した。

今回開発したバイオプラスチックは、通常のプラスチックと同様に射出成形で成形体を作成できることから、さまざまな形の漆器調製品の量産を可能にすると期待される。具体的には、高級家電や高級建材、自動車の内装への適用が見込まれている。

http://ift.tt/2br2Usf

続きを読む

 - 未分類 ,

×