ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

今秋に発売される液晶モデルのiPhoneはLG製の新技術液晶パネルを搭載か

   

IT速報 https://ift.tt/2rukeG4

2018年秋に発売される、6.1インチ液晶モデルのiPhoneにはLG製のディスプレイが搭載される可能性があるという。

2018年秋に発売されるiPhoneは、有機EL(OLED)2モデルと液晶1モデルになると予測されています。

このうち、低価格帯を担うと考えられる液晶モデルに、LG Display製の「MLCD+」と呼ばれる、明るく鮮明な画質が特徴のディスプレイが採用されるかもしれない、とPatently Appleが報じています。

MLCD+は、4Kテレビ用を低価格化するために開発された液晶パネルです。

従来の液晶は、光の3原色(赤・緑・青)のサブピクセルで色を表現していますが、MLCD+には「白」のためのサブピクセルを設けることで、消費電力を抑えながら、より明るい表示が可能になるという特徴があります。

MLCD+は、この夏に発売予定のLG製スマートフォンG7 ThinQに採用されており、従来のディスプレイよりも高い、1,000ニトの輝度を実現しています。なお、LGは、G7 ThinQのノッチ(切り欠き)はiPhone Xを真似したものではないと主張しています。

液晶パネルはLG製とJDI製が混在?
続きはソース元から
https://iphone-mania.jp/news-211404/

http://www.lg.com/us/mobile-phones/g7-thinq

続きを読む

 - 未分類 ,

×