ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

【正論】ヤマハ「本当に良いオーディオ機器にハイレゾマークはいらない」

   

IT速報 http://ift.tt/1XZZRLd

ヤマハは6フラグシップスピーカーシステム「NS-5000」を披露した。価格は2本セットで150万円。ハイレゾマークはあえて付けていないという。

開発期間や手法も異例だった。「開発に着手したのは2008年。非常に長い期間をかけて開発したことが異例なら、そのプロセスにも新しい試みがあった。昨年の『東京インターナショナルオーディオショウ』で一般公開した後、全国各地で試聴会を行い、専門店やユーザーの声を反映したチューニングを進めてきた。そして今日、ようやく納得のいく音に仕上がった」と岡田氏。「NS-5000音を通じ、改めてヤマハのHi-Fiとしてのブランドを輝かせていきたい」と胸を張った。

同社で企画広報を担当する安井信二氏も、「NS-1000Mの開発当時にはコンピューターもなく、技術者の勘に頼っていた部分も大きかった」と話す。一方、NS-5000では最新の技術を駆使し、また「すべてを科学的に検証しながら開発を進めた」という。

なお、NS-5000の再生周波数帯域は26~4万Hzとハイレゾ音域を十分にカバーしているが、あえてハイレゾマークは付けていない。

「本当に良いものにマークはいらないんです」(安井氏)
http://ift.tt/1Y8RGwE

続きを読む

 - 未分類 ,

×