ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

テスラ車の死亡事故、オートパイロット中だったことが判明

   

IT速報 https://ift.tt/2H1iDP2

テスラは30日、米西部カリフォルニア州で発生した死亡事故を巡り、事故当時、事故車に搭載された半自動運転機能が作動していたと発表した。

テスラによると、事故は23日午前9時半ごろに発生。半自動運転機能が作動中だったのは、事故車に残された記録を分析して判明した。事故の6秒前、運転席の男性(38)がハンドルを握っていないことを知らせる警告音が出たが、その後も何の操作も行われずに中央分離帯に衝突。男性は死亡した。

この事故を巡っては、米国家運輸安全委員会(NTSB)が事故時に半自動運転機能が作動していたかどうかの調査に乗り出している。

米国では自動運転車の公道試験が幅広く行われている。一方、半自動運転機能を市販車に搭載し性能向上を図るテスラの手法を不安視する見方も出ていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180331-00000045-mai-bus_all

関連:テスラ「Model X」、事故で木っ端微塵に。車体前半が消え去ってしまう : IT速報

続きを読む

 - 未分類 ,

×