ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

東芝、新4K/8K衛星放送対応の4Kチューナを開発。価格は未定だが「5万円は切る」

   

IT速報 http://ift.tt/2px7UVj

東芝映像ソリューションは、2018年12月1日にスタートする新4K/8K衛星放送対応の4Kチューナの開発を表明した。

「前のめりでBS/CS 4K放送に取り組む」(東芝映像ソリューション VS第一事業部 事業部長 尾蔵靖英氏)という同社がまず手掛けるのがHDMI接続のBS/CS 4K放送チューナ。新4K/8K衛星放送(以下、新4K放送)は、12月1日に開始予定だが、BS/CS 4Kチューナ(仮称)は「秋を目標に、1日も早く発売したい」とのことで、現在開発中。

現在利用中の4Kテレビに、4KチューナをHDMI接続するだけで、シンプルに4K放送が見られることを強調している。なお、同チューナは8K放送には対応しない。価格は未定だが「5万円は切る」という。

HDMI出力は1系統で、HDCP 2.2と4K/60p対応のHDMI入力を備えた4Kテレビであれば、どのメーカーのテレビでも、4K放送を“4K解像度で”楽しめる。

新4K/8K放送では、色域の拡張や10bitへの多階調化、HDR(HLG)対応などの画質の進化に加え、NHKがピュア4K率90%で放送するなど、放送内容の充実も期待される。そのため、東芝REGZA以外のテレビでの利用も積極的に訴求していくという。また、REGZAにおける新4Kチューナ対応も強化していく方針。
続きはソース元から
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1112872.html

http://www.toshiba.co.jp/regza/special/satellitetv/index_j.html

続きを読む

 - 未分類 ,

×