ガジェット@2ちゃんまとめ

Just another WordPress site

キヤノン、Kiss初のミラーレス「EOS Kiss M」を3月発売へ。お値段お手頃で高性能、コスパ最強か

   

IT速報 http://ift.tt/2FBs4V3
17

キヤノンは、エントリークラスの一眼レフカメラにおける代表的なブランド「EOS Kiss」を製品名に初めて冠したミラーレスカメラ“EOS Kiss M”を2018年3月下旬より発売する。価格は7万3500円。

おもな特長
“EOS Kiss M”は、カメラ初心者でも本格的な撮影を簡単で手軽に楽しみたいというニーズに対応したミラーレスカメラです。これまで「EOS Kiss」は、フィルムとデジタルの一眼レフカメラ市場を四半世紀に渡ってけん引し、さまざまな家族の思い出や感動の場面に寄り添ってきました。新製品は「EOS Kiss」の領域を、新たにミラーレスカメラに拡大し、さらなる幅広いニーズに応えます。

新映像エンジンDIGIC 8の搭載により「デュアルピクセルCMOS AF」が進化
新映像エンジンDIGIC 8の高速画像処理により、「デュアルピクセルCMOS AF」が進化し、最大99点の測距点で高速・高精度なAFを実現するとともに、対応する交換レンズ※2装着時には測距エリア※3が拡大し、最大143点の測距点で素早い合焦が可能です。また、AF・AE(自動露出制御)連動で最高約7.4コマ/秒、AF固定で最高約10.0コマ/秒の高速連写が可能です。

新映像エンジンDIGIC 8の搭載により高画質な写真・映像撮影が可能
新映像エンジンDIGIC 8とAPS-Cサイズ・約2410万画素※4のCMOSセンサーにより、高画質な写真や映像の撮影を手軽に楽しむことができます。明るさやコントラストを自然な印象に自動補正する「オートライティングオプティマイザ」の性能が向上したほか、高精細な4K撮影※5が可能です。

カメラ初心者にも親しみやすい快適な操作性
さまざまなアングルでライブビュー撮影ができるタッチ操作対応のバリアングル液晶モニターや、快適なファインダー撮影ができる高精細な内蔵EVFを備えています。また多彩な画作りをサポートする「クリエイティブアシスト」がオートモードから簡単に起動できることに加え、初心者向けのユーザーインターフェース「ビジュアルガイド」により、手軽により自分好みの表現を追求することができます。

レンズ交換式カメラの市場動向
2017年の世界のカメラ市場におけるレンズ交換式カメラの販売台数は、約1,140万台となりました。2018年は、約1,100万台を見込んでいます。(キヤノン調べ)
http://cweb.canon.jp/newsrelease/2018-02/pr-kissm.html

続きを読む

 - 未分類 ,

×